2019.04.26 etc
『メダロット部2019@難波』レポート!【前編】


「メダロットに関する貴重な資料が詰まった特別な空間“メダロット部の部室”。同時入場人数の限られた空間で、メダロットの原画や設定資料を見たり、映像を楽しんだり、他のメダロッターたちと交流したりと、ゆるく自由な時間を楽しもう」がコンセプトのメダロッターによるメダロッターのためのイベント…

『メダロット部2019@難波』が4/20(土)~4/21 (日)に開催されました!

そして無事終了しました!!!
皆様ご来場ありがとうございました!

我々、メダロットスタッフも大変有意義な時間を過ごすことができました!

本当にお疲れ様でした!


それでは、早速イベントレポートをしていきたいと思います。


会場前には長蛇の列が・・・





すごい列・・・。





会場の中から外の様子を見ると、とんでもない列ができていましたね。




スタッフの鈴木とジョンが、チケット特典のオリジナルコースターとオリジナルネックストラップをたどたどしく配っております。




配られていたのはこちら!
中身はコースター、ドリンクチケット、オーダーシートとオリジナルネックストラップになります。

さて、15時を迎えいよいよ開場となりました。



うのへえの掛け声と共にイベントの幕開けです!




大いに盛り上がった会場!



今回のイベントは時間ごとに区切られた限定エリアと、時間制限のないカフェエリアに分かれた空間になっていました。

限定エリア(設定資料資料ブース)



カフェエリア


それぞれがそれぞれの楽しみ方でメダロット部を満喫していましたね!


まずは限定エリアを覗いてきました!




会場では、様々な展示物が飾られていました。

例えば、




各所に設置されていたパネルたち。
こちらは、ゲームの画面ですかね。懐かしさがこみ上げてきますね。



出典:錦希望さん

こちらは、前回のイベントである「エンタバアキバ」さんで初公開した、シャドウボックスですね!各先生方に制作頂いた作品になります。



出典:Kanjuさん

この、ロクショウの圧倒的存在感!その立体感たるや、ぜひ生で見ていただきたい!

▽シャドウボックスとは・・・ デコパージュの技法の1つで、元になる絵柄を切り抜き、何層にも重ねることで、奥行きのある立体感を持ったハンドクラフトのこと。



さらに会場内を歩いていると、こんな現場をよく見かけました。




うのへえめっちゃ話しかけられています。




彼はこうみえて、メダロッター達の中では人気者なのでよく話しかけられています。なんとも微笑ましい光景です。

うのへえとは・・・
「メダロット2」~「メダロット5」のころの広報担当などメダロットに古くから携わってきた人物。現在では、イベントをはじめ、公式YouTube「メダロットチャンネル」等でも活躍中!

▽メダロット公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXoEt2GeYzlERNe9CkRsE2Q



うのへえの紹介はこの辺にして、、
お次は、設定資料展示ブースに行ってきました!




限定エリアに設置されている、大きめのテーブルの上に、このイベントでしか見ることのできない貴重な設定資料がたくさん並んでいます。





そしてとりあえず、分厚い!





だいぶ濃厚です!こってり気味です!




写真を見てわかる通り設定資料ブースは大変な盛り上がりをみせていました!
静かに読んでいるだけですので、盛り上がってたかは謎です。きっと心は、盛り上がっていたでしょう!


最後は、、

物販コーナーを覗いてみました!



メダロット部2019 @難波の新規グッズもあり、今回も賑わっていました!

嬉しい限りです。





思ったより長くなってしまいましたので、今回のレポートはこの辺で一旦終わります。

次回、『メダロット部2019@難波』レポート【後編】です!


会場:LINE-UP STORE
撮影協力: LINE-UP STORE増田さん
https://www.lineup-inc.com/popupstore




記事一覧へ